高鍋町史第四編
第二章・第三章

ブックを見る
  • 第二章 秋月氏入封時代の高鍋
     第一節 種長の内治
      種長の内治 財部城の修築 財部城下の町割り
      移転後の主な出来事 大寺与惣右衛門と徹夜神楽
      勘右衛門水路 広谷用水事始め
     第二節 藩政の混乱
      後継藩主擁立の紛争 上方下方騒動 秋月又左衛
      門の専横 城下町の大火その他 種春没す
    第三章 藩政建設期の高鍋
     第一節 種信の藩政改革の決意
     第二節 種信の積極政策
      領地覚と寛文朱印状 検地と税制 萩原御蔵の建物
      秋月又左衛門の凋落 種信の外交的手腕
      岡登三四郎 種信と能楽 人材の登用 福嶋の農民騒動
     第三節 種政の就封と木脇分知
      種信引退 種政の就封と木脇分知
      唐船漂着と山陰百姓の逃散 制度の整備と農政
     第四節 行政制度の整備
      一 身分制度と職制
       身分と家格 職制の概要 給禄 階層別人口と給地高
      二 地方行政区画
      三 行政区画表
     第五節 建設期の勧農政策
      一 開墾事業の推進
      二 牧場の開設
      三 換金作物の栽培
      四 相次ぐ自然災害

    高鍋町史 第四編(2)