高鍋町史第六編
第二部 第二章

ブックを見る
  • 第二章 畜産
     第一節 大正・昭和前期の畜産
      一 畜産市場
       馬ん子市・牛の子市
      二 家畜の改良
       軍馬補充部設置と農業学校畜産科併置
       家畜の品種改良 農耕馬の応召
     第二節 畜産の振興
      一 郡市畜連の活動
       戦後の復興 県畜産共進会で七連覇 家畜市場統合
      二 和牛
       肉用牛生産全国第二位 子牛生産と価格の推移
       人工授精
      三 酪農
       白水舎 戦後の酪農興隆 太陽とみどりの宮崎牛乳
       酪農振興会 酪農の専業化
      四 養豚
       養豚の発展 高鍋養豚団地 品種改良と生産調整
      五 養鶏
       戦前の養鶏 戦後養鶏の盛況 採卵養鶏の専業大型化
       ブロイラー 県経済連ブロイラーセンター
      六 養蜂
       蜜を求めて 転地飼養

    高鍋町史 第六編(3)