高鍋町史第七編 第三章

ブックを見る
  • 第三章 文化
     第一節 高鍋の文化財
      一 有形文化財
       1 建造物
        明倫堂書庫と秋月毅堂書庫 千歳亭と万歳亭
        石井十次生家 黒水家旧宅 両安松家居宅
        東平原公民館
       2 彫刻類
        主な仏像 神面と板碑 板額 書画類
        古文書・記録類
      二 無形文化財
       高鍋神楽 鳴野棒踊 高鍋盆踊温度
      三 記念物
       古墳 高鍋城跡 その他の史跡 石碑 銅像
       天然記念物 名勝その他
      四 文化財の保護対策
       町文化財保護条例 文化財保護団体
       高鍋町の文化財刊行
     第二節 宗教
      一 神社
      (一)北高鍋
      (二)南高鍋
      (三)高鍋町
      (四)蚊口浦
      (五)上江
      (六)持田
      二 寺院
      (一)浄土宗
      (二)浄土真宗
      (三)真言宗
      (四)日蓮宗
      (五)廃寺
      (六)古墳供養高鍋大師堂
      三 教会
       天理教・金光教・立正佼成会・カトリック教ほか
     第三節 文化活動
      一 文芸
       漢詩の人々 新しい短歌 俳句の歩み 現代詩の人々
       文学グループ
      二 美術
       絵画・彫刻・写真 書道
      三 音楽と舞踊
       邦楽 洋楽 舞踊
      四 華道と茶道
       華道 茶道
      五 文化団体
       高鍋町文化協会 高鍋史友会
      六 劇場
       大福座 舞鶴座 記念館

    高鍋町史 第七編(3)