高鍋町史第一編

ブックを見る
  • 高鍋町史 第一編 第一編 自然
    第一章 位置・面積・町域
     位置 面積 町域
    第二章 地形・地質
    第一節 地形の概観
    第二節 台地と低地
    第三節 河川等
     小丸川 切原川 宮田川 小丸川と電気事業
     小丸川と環境保全 地下水
    第四節 地質の概要
     宮崎県の地質 本町の地質
    第五節 土地の利用
     用地別構成 用水の確保 耕地の特色 海浜の
     利用
    第三章 気象
    第一節 気温と降水量
     気温 降水量 梅雨
    第二節 台風とたつまき
     台風銀座 たつまき
    第三節 霜
     初霜と終霜
    第四節 災害
    第五節 高鍋の四季
     春 夏 秋 冬
    第四章 動物
    第一節 ほ乳類
    第二節 鳥類
    第三節 は虫類と両生類
    第四節 魚類
    第五節 ちょう類
    第六節 とんぼ類
    第七節 くも類
    第五章 植物
    第一節 高鍋の植生
     海岸砂丘の植生 低層湿原の植生 洪積台地斜面の植生
     洪積台地上の植生 鬼ヶ久保湿原の植物
    第二節 高鍋の主な植物
    第三節 高鍋と植物
     町花ナデシコ 町木モクセイ 琴弾の松 二本松
     高鍋の楠 美化条例と樹木

    高鍋町史 第一編